体脂肪率のこととか

「体脂肪率」というものは、体内における脂肪の占有する%であり、「体脂肪率(body fat percentage)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、キロ)×100」という式によって調べられます。
一度永久歯の周りのエナメル質を減らしてしまうほど深刻になってしまった歯周病は、多分炎症が治まることはあっても、無くなった骨が元通りになるようなことは無いに等しいのです。
塩分と脂肪分の摂取過多は控えて自分に合う運動に励み、ストレスのかかり過ぎないような毎日を意識することが狭心症を誘引する動脈硬化を防止する知恵なのです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは目が覚めている覚醒状態で命を維持していく(心臓の鼓動、口からの呼吸、腎機能、体温や筋緊張の保持など)のに必要となるミニマムなエネルギー消費量のことなのです。
人間の耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3か所に大別されますが、中耳付近に黴菌やウィルスがうつって炎症が発症したり、体液が溜まる病を中耳炎と呼んでいます。
アルコールをクラッキングする効果を持つナイアシンは、嫌な二日酔いに大変有効です。ゆううつな宿酔の根源物質とされるアセトアルデヒド(acetaldehyde)という物質のクラッキングにも力を発揮しています。
BMIを計算する式はどの国でも等しく同じですが、値の評価は各国それぞれ異なっており、(社)日本肥満学会(JASSO)ではBMI22が標準、25以上の場合だと肥満、BMI18.5未満は低体重と定義しています。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常によってもたらされる発疹で、分泌が異常をきたす素因として性ステロイドホルモンの均衡の崩れやリボフラビンなどビタミンB群の不足等が考えられているのです。
通常ならば骨折を起こさない程の弱い圧力でも、骨の限られたエリアだけに幾度も連続してかかることにより、骨が折れることがあるようです。
ハーバード大学医学部の調査結果によると、通常のコーヒーと比較して1日2杯以上カフェインレスコーヒーを代用することで、あの直腸がんの発生率を約5割も減らせたそうだ。
アルコールを分解する肝臓に脂肪やコレステロールが多く付着した脂肪肝(steatosis hepatis)は、肝硬変や糖尿病というような色々なトラブルを誘発するかもしれません。
1型糖尿病というのは、膵臓にあるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまい、あろうことか膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは出なくなり発病してしまうという自己免疫性の糖尿病なのです。
栄養バランスの優れた食事を1日3回とることや運動は当然ですが、健康増進や美容を目的とし、補助として複数のサプリメントを飲む行為が一般的なものになってきていると言われています。
陰金田虫とは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と言われており、カビの仲間である白癬菌が陰嚢や股部、臀部などの場所にうつってしまい、棲みついてしまう病気で俗に言う水虫のことです。
ほとんどの場合は水虫といえば足を思いつき、ことさら足指の間にできやすい病気だと考えられていますが、白癬菌が感染する所は足しかないのではなく、体のありとあらゆる部位に感染する危険性があるので注意してください。